G Tech Office〜ギター&ベース修理専門店〜

What’s New

ギブソン レスポールをもっと弾きやすく

 サウンドやルックス面で多くのファンを持つギブソンのレスポール・モデルですが、所有者からはストラトキャスターなどと比べて弾きにくいとの声をよく耳にします。ストラトキャスターよりはフィット性に劣り、なおかつ重量がある。ストラップでの立奏時にはバランスが悪いなど、デザイン上の問題もさることながら、80年代以降のモデルのは特徴的な問題が潜んでいます。

 これを解決すればプレイヤビリティの向上、音程の安定化、サウンド面への好影響など様々なメリットが生まれます。

そこで、ギブソン レスポール・モデル限定のブラッシュアップの企画をご用意しました。

作業内容
● 演奏ジャンルやプレイスタイルなどの個々の事情を問診し、
 適切な弦ゲーシの選択からスタート
● ネック調整
● フレットファイリング
● 指板クリーニング
● ナット溝調整
● ブリッジ弦高調整
● サドル溝及びオクターブ調整
● テールピース及びピックアップ高の調整
● 各部点検やクリーニングなど

 以上をパッケージにして一日1名様限定で、料金は¥18,000(+税)でご提供致します。

 ただし、トラスロッド不良やネックや指板の変形や割れなど、著しい問題がある場合は加算料金を頂く場合が御座います(作業前にご提示します)。

ご希望の方はご来店時に当店サイトでこの記事をご覧になった旨をお伝えください。

 

[14/08/01]

電子書籍化のお知らせ

すでに発売されいた当店の著書
メンテでギターが弾きやすくなる理由 弾きにくい理由
メンテでベースが弾きやすくなる理由 弾きにくい理由
の2冊がkindle版の電子書籍となりました。

お求めは

http://www.amazon.co.jp/リペアマン直伝!-メンテでギターが弾きやすくなる理由-弾きにくい理由-ギター・マガジン-西村-ebook/dp/B00LL5BETE/ref=kinw_dp_ke

http://www.amazon.co.jp/リペアマン直伝!-メンテでベースが弾きやすくなる理由-弾きにくい理由-ベース・マガジン-西村-ebook/dp/B00LL5BEQC/ref=pd_ecc_rvi_2

となります。よろしくお願いします。

[14/07/10]

5/27 臨時休業

5月27日は臨時休業致します。
翌日は定休日のため連休となりますのでご注意ください。

[13/05/09]

Strings Aid 活動報告及び4/8 会計報告

釜石市にある「釜石祥雲支援学校」という養護学校の生徒さんへ、当店で昨年まで使用していた
Mac(OS9)を2台、21インチ液晶ディスプレーを1台、キーボードやマウス、OS9用のアドビソフトなどのソフトなどをお贈りしました。
クロネコヤマトの規約からパソコンの搬送には専用の段ボールに入れる必要があったため、
大型のパソコン用通運箱2箱と、大型モニター用通運箱1箱を購入し、5日に発送、本日到着致しました。
箱代と、運賃、他諸経費で8,450円を経費として計上しました。
これにより、基金の残金は116,300円となりました。
今後この基金を元に活動を続けて参ります。
被災地で適切な活動に対しての支援金や、楽器を購入してお送りするなどご要望やアイデアが御座いましたらご連絡下さい。

[13/04/08]

Strings Aid 活動報告及び4/1 会計報告

EF

エフェクター類

EG

エレキギター&ベース


AG

アコースティックギター

震災のあった2011年の5月に釜石に支援物資としてギターをお贈りしました。
幾つかのギターの中の1本を受け取って下さった釜石市職員の佐々木さんが
今年の2月、東京出張の際にご来店になり、被災地の現状や当時の様子、お贈りした楽器を使って行われた活動等、色んなお話をしてくださいました。
市の職員というお立場でお辛いこともあったであろうと思われますが、前向きに頑張っておられました。当店に皆様からご寄付頂いたギターやベースなどが10本、キーボードやエフエクター、弦やカポなどの小物類がまだ残っていたので、学校への贈呈が出来ないかお話をさせて頂いたところ、佐々木さんのご尽力により、釜石市にある「釜石祥雲支援学校」という養護学校の生徒さんへお贈りすることが決まり、本日発送致しました。
これにて、当店でお預かりしていた支援物資は特殊な部品系を除き全て被災地へお届け出来た事をご報告致します。
尚、(株)トーラス コーポレーション様にギター用の梱包用資材のご提供頂いてます。
今回の発送に辺り、楽器の搬送、調整、修理(弦やネジ、電気部品等)などに要した経費は16,350円(端数切り捨て)となり、基金の残金は124,750円となりました。
今後この基金を元に活動を続けて参ります。
被災地で適切な活動に対しての支援金や、楽器を購入してお送りするなどご要望やアイデアが御座いましたらご連絡下さい。

※ 梱包の都合でアコースティックギター2本の写真を取り損ねました。

[13/04/01]